乗車・積載の制限 解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

問1 ・貨物自動車に荷物を積むとき、車の長さよりも
荷物がはみ出してはいけない。

答×

解説:一見すると、正しいように思えますが、荷物は
自動車の長さの1.1倍まではみ出して良いことになっています

問2 ・原動機つき自転車に荷物を積む場合は、積載装置から後方に
0.1メートルまではみ出しても良い。

答え: ×

解説:積載装置から後方に0.3メートルまではみ出して積むことが可能です。

問3 ・自動車検査証に記載されている自動車の乗車定員は、
運転者も含まれている。

答え: 0

解説:自動車検査所の乗車定員は、運転者自身も含まれます

問4 ・トラックに荷物を積んだとき、荷物の見張りのために荷台に
1人乗せる場合は、警察署長の許可は必要ない。

答え: 0

解説:荷物の見張りの為であれば、特に許可などは必要ありません

問5 ・乗車定員5人の乗用車には、運転者の他に、 12歳未満の
子供を6人まで乗せることができる。

答え: 0

解説: 12歳未満の子供は、大人0.666人分として扱います。よって
0.666×6=3,996となります。

端数は切り上げる決まりになっております。よって大人4人分となり

運転者(運転免許は12歳未満では取れないため、大人)+子供6人=大人4人
のため。大人5人分となり、問題の状況は問題ありません。

新着記事

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 All Rights Reserved.