悪天候の運転に関する問題  解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

問1・雨が降り続いたり、集中的に雨が降ったりした後の山道などでは、
地盤が緩んでいるため、できるだけ路肩によらないようにする。

答え:0

解説:地盤が緩んで崩れることがあるため、、
の方にあまりよりすぎないようにしましょう。

問2・スノータイヤやタイヤチェーンをつけていれば、
雪道でもスリップや横滑りは起こらない

答え:×

解説:スノータイヤやチェーンを付けていてもスリップするおそれはあります

問3・霧の中を走行するときは、見通しをよくするため、
前照灯は上向きにした方が良い

答え:×

解説:上向きにすると光が乱反射し、かえって見通しが悪くなります。

問4・雨の中で、高速走行をするとスリップを起こしたり、ハンドルやブレーキが
タイヤが浮いて効かなくなることがあるが、
この現象を「ハイドロプレーニング現象」と呼ぶ。

答え:0

解説:この問題に出てくるような現象をハイドロプレーニング現象
と呼びます。非常に格好いい名前ですが、かなり危険な現象ですので、
起こさないよう注意しましょう。

新着記事

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 All Rights Reserved.