速度と停止距離に関する問題 解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

問1 ・運転者がブレーキを踏んでからブレーキが効き始めるまでに走る距離を
空走距離と呼ぶ。

答え: 0

解説:ブレーキを踏んでからブレーキが効き始めるまでに走る距離を空走距離と呼びます

問2 ・決められた速度の範囲内にあっても、道路や交通の状況、
などをよく考え安全な速度で走行するのが良い。

答え: 0

解説:臨機応変に応じ、安全運転をかける必要があります

問3 ・タイヤがすり減っていて路面が雨に濡れている場合の停止距離と、
路面が雨に濡れていなく、タイヤの状態がよい場合の停止距離は異なる場合がある

答え: ×

解説:いわゆる引っかけ問題です、異なる場合がある。ではなく
必ず異なります

問4 ・この標識は、自動車と、電動機付き自転車の最高速度は時速40 km
であることを示している。

答え×

解説:原動機つき自転車は、時速30 kmを超える事は
許可されていません。

新着記事

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 All Rights Reserved.