危険物乙4 物理学・科学の問題 1 解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

問1:燃焼に関する一般的な説明として、次のうち間違っているものはどれか

酸素供給源は、必ずしも空気とは限らない。

可燃物、酸素供給源および、 点火源を燃焼の三要素と呼ぶ。

二酸化炭素は可燃物では無い。

気化熱や融解熱は点火源になることがある。

金属の衝撃火花や静電気の火花放電は、 点火源になることがある

答え: 4

解説:気化熱とは、水が蒸発するときに周りの熱を奪い、涼しくなる現象のことである。
よって気化熱は点火源にはなり得ない。

融解熱とは、氷を溶かす際に発生する現象のことで、これも燃焼とは関係ない

 

問2:燃焼について、次のうち間違っているものはどれか

燃焼とは、熱と光の発生を伴う急激な酸化反応のことである。

液体が固体の可燃物の燃焼は、燃焼熱により、蒸発または分解して期待が燃焼する

有機物の燃焼は、酸素の供給が不足すると一酸化炭素が発生し、不完全燃焼する

可燃物は空気中で燃焼すると、より安全な酸化物に変化する。

燃焼に必要な酵素の供給源は空気であり、物質の中に含まれている酸素では燃焼しない

答え:5

解説:第5類にあるニトログリセリンは、空気のない場所でも
自分自身が持っている酸素によって燃焼する

 

問3:消火について、次のうち間違っているものはどれか

泡消化剤にはいろんな種類があるが、そのいずれも窒息効果がある。

消火を行うには燃焼の三要素のうち、一要素を取り除く必要がある。

一般に、空気中の酸素が一定濃度以下になれば、燃焼は終わる。

除去消火とは、酸素と点火源を同時に取り去って消火する方法のことです。
ハロゲン化物消化剤は、負蝕媒作用による燃焼を抑止する効果がある

答え: 4

解説:除去消火とは、可燃物を取り去って消火する方法のことです。
具体的な例を挙げると、火に息を吹きかけて消す、などの方法のことです

 

問4:静電気について、次のうち間違っているものはどれか

静電気は金属に帯電した場合のみ、放電火花が発生する。

静電気は正負の2種類の電荷を持ち、 異種の電荷間では吸引力同種の電荷間では、反発力が発生する

静電気が電荷力は、クーロン力と言う単位で表される

2つの物体が、接触分離するときに、静電気が発生する。

静電気が帯電するのを防止する方法に、接地する方法がある。

答え: 1

解説:放電火花が発生するのは、絶縁体に発生しやすいです

 

問5:水素の性質について、次のうち間違っているものはどれか

物質の中で最も軽く、非常に拡散しやすい、可燃性の機体である。

水に溶けにくい

純粋なものは、赤色の液体である。

見えにくい炎を上げて燃え、水を生成する。

燃焼範囲は非常に広い。

答え:さん3

解説:純粋な水素は、青白色の液体ではなく、無色無臭の気体

新着記事

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 All Rights Reserved.