危険物乙4 火災予防・消火の問題 1 解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

危険物乙4 火災予防・消火の問題

問1:危険物の類ごとの性状について、次のうち間違っているものはどれか

同一の金属であっても、形状や粒度よって、危険物に該当するものと該当しないものがある。

引火性液体の燃焼は常に分解燃焼であるが、引火性固体の燃焼は表面燃焼である。

水と接触して発熱し、可燃性ガスを生成するものがある。

危険物には単体、化合物、混合物。の3種類がある。

分子内に酸素を含んでおり、他から酸素の供給がなくても燃焼するものがある

答え:2

引火性液体の燃焼は分解燃焼ではなく、常に蒸発燃焼です。
引火性固体の燃焼も常に蒸発燃焼です

 
問2:第4類の危険物の一般的な性状について、正しいものはどれか

水に溶けやすい。

常温で、火源があれば全て引火する

蒸気は燃焼範囲を有し、この下限値に達する温度が低いものほど引火する確率が高い。

上記は空気より軽く、空気中で拡散しやすい。

火源がなければ、発火点以上の温度でも燃焼する確率は無い

答え:3

第4類の危険物の上記は全て燃焼範囲を有し、この下限値に達する温度が低いものほど、引火性が高いです

 

 

問3:酢酸の性状について、次のうち間違っているものはどれか

常温では無色透明の液体である。

水溶液は腐食性を有しない

常温では引火の危険性は無い。

アルコールに任意の割合で溶ける

蒼炎を上げて燃え、二酸化炭素と水蒸気になる。

答え:2

酢酸は
原液より

水溶液いわゆる水で薄めて物の方が腐食性が高いです
4: ジエチルエーテルと二重化酸素について間違っているものはどれか

どちらも燃焼範囲はかなり酷い

どちらも、発火点はガソリンより低い

どちらも水より重い

ジエチルエーテルの蒸気は麻酔性があり、二重化炭素の蒸気は毒性がある。

どちらも二重化酸素、ハロゲン化物などが消化剤として有効である
答え: 3

ジエチルエーテルは水より軽いです。
二重化酸素は空気より重いです。

ですので、どちらも水より重いは間違いになります

 

問5: アセトンの性状として、間違っているものはどれか

水より軽い。

揮発しやすい。

無色で独特の臭気を有する

水に溶けない

発生する蒸気は空気より重い
答え: 4

アセトンは水溶性の性質を持ちます。

つまり、水によく溶けます

 

 

新着記事

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 AllRights Reserved.