アロマテラピー検定1級

アロマテラピー検定1級 精油に関する問題5問 解説付き

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

アロマテラピー検定1級 精油に関する問題5問 解説付き

スタート
お疲れ様でした!アロマテラピー検定1級 精油に関する問題5問 解説付きのクイズ終了しました。解答スコアは %%SCORE%% / %%TOTAL%% 問正解です。%%RATING%%
あなたの選択した答えは強調表示されています。

アロマテラピー検定1級 精油に関する問題5問 解説付き

 

問題1
次のうち、グレープフルーツ精油の説明として間違ったものを1つ選んで答えよ。
A
圧搾法で抽出されている。
B
種類は低木である。
C
光毒性がある
D
交感神経を活性化させる
グレープフルーツは高木です。

問題2
精油のもつマイナスの作用について、間違った説明を1つ選んで答えよ。
A
精油の中には皮膚刺激の強いものもあり、かぶれていることもある。
B
感作とはアレルギーー反応を起こすこと
C
柑橘系の精油を使用するときは光毒性に注意する。
D
精油の使用中に卜ラブルが起こったら、植物油を塗布すると良い。
卜ラブルが起こったら、まず大量の水で精油を洗い流しましょう

問題3
学名に「洗う」「青みがかった鉛色」などの意味をもつ、シソ科の植物から得られている精油を選んで答えよ。
A
カモミール•ローマン
B
クラリセージ
C
ラベンダ一
D
スイ一卜マージョラム
ラベンダーの学名は、ラテン語の「洗う」や「青みがかった鉛色」から取られています

問題4
レモングラス精油に関する説明で、正しいものを選んで答えよ。
A
虫が嫌う香りである。
B
シソ科である。
C
—年草である。
D
特徴成分シ卜ラ一ルは、西インド型に多い。
レモングラスはイネ科の多年草です。 特徴成分シ卜ラ一ルは、西インドではなく東インド型に多く含まれます。

問題5
ローズオットー精油について、正しくないものを1つ選んで答えよ。
A
低温で固まる性質がある。
B
揮発性有機溶剤抽出法で抽出する。
C
肌の炎症を鎮める作用がある。
D
便秘に有効である

水蒸気蒸留法で抽出します。 揮発性有機溶剤抽出法で抽出したものは「ローズアブソリュート」になります。

 

新着記事

-アロマテラピー検定1級

Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 All Rights Reserved.