アロマテラピー検定2級

アロマテラピー検定2級 過去問5問 その3

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

アロマテラピー検定2級の過去問です。

全部で5問、質問、選択肢の順番ともにランダム配置です

精油の成分に付いての問題がメインです

アロマテラピー検定2級 過去問5問 その3

スタート
お疲れ様でした!アロマテラピー検定2級 過去問5問 その3のクイズ終了しました。解答スコアは %%SCORE%% / %%TOTAL%% 問正解です。%%RATING%%
あなたの選択した答えは強調表示されています。

アロマテラピー検定2級 過去問5問 その3

問題1
精油が働く経路について正しいものを一つ選べ
A
皮膚に塗られた精油成分は塗った部分の皮膚だけに働きかける。
B
鼻から吸い込んだ精油成分は、血管から吸収されて大脳に送られる。
C
吸い込んだ旧友成分は、鼻の粘膜に吸収され肺に届くことはない。
D
皮膚に塗られた精油成分は皮膚内に浸透し、末梢血管に入る
問題2
鎮静作用について、間違ったものを一つ選べ
A
痛みを和らげる作用
B
催眠作用と意味は同じ。
C
神経系を鎮静させる作用
D
心をリラックスさせる作用で
問題3
揮発性有機溶剤抽出法で、、最後に得られる方向成分は何か
A
アブソリュート
B
エチルアルコール
C
ケルンの水
D
ドコサヘキサエン酸
問題4
光毒性について、正しいものはどれか
A
。光毒性はすべてのミカン科の精油が所持する性質
B
光毒性とは、日光に当てると精油が毒性を持ってしまう性質のこと。
C
ベルガプテンは光毒性を持つ
D
光毒性とは、果実のすべての精油が持つ性質
問題5
蒸気吸入法について間違っているものはどれか
A
蒸気に逃げられないためにバスタオルなどをかぶる
B
蒸気を増幅させるため、、熱湯で行うとよい。
C
。喉が痛いときに行うと効果的
D
刺激から守るために、目を閉じて行うとよい。

新着記事

-アロマテラピー検定2級

Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 AllRights Reserved.