ダイエット検定1級 テキスト

ダイエット検定1級 過去問 5問 

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット検定1級 過去問 5問 

スタート
お疲れ様でした!ダイエット検定1級 過去問 5問 のクイズ終了しました。解答スコアは %%SCORE%% / %%TOTAL%% 問正解です。%%RATING%%
あなたの選択した答えは強調表示されています。

ダイエット検定1級 過去問 5問

問題1
神経に関する選択肢で、正しいものを1つ選べ

A
自律神経には交感神経と末梢神経の2種類ある
B
自律神経は、意欲的に筋肉などを働かせる新家
C
副交感神経は、エネルギーの発散を促進させる
D
交感神経を昼間に効率よく働かせることが、ダイエットに効果的
問題2
栄養素に関する質問で、正しいものを1つ選べ
A
カリウムは細胞の外に存在し、細胞内液と細胞外液の浸透圧の調整をする
B
カルシュームは歯の構成元素となる、また筋肉の収縮にも関連する
C
必須ミネラルは15種類確認されており、主要なミネラルとして6種類、微量ミネラルとして、 9種類ある
D
ミネラルは体内で生合成が可能であるが、欠乏症を引き起こす
問題3
肥満に関する説明で、間違っているものを1つ選べ
A
アメリカの肥満者についての調査で,過食より交感神経の低下の方が大きな要因になっているという結論が出た
B
モナリザ症候群とは、絵画のモナリザが肥満であったために作られた言葉である
C
モナリザ症候群とは,ブレイ教授により日本で開催された肥満学会で発表された
D
交感神経とは、体に蓄積されたエネルギーを使用モードに変更させる働きがある
問題4
GI値が最も高いものと低いものの組み合わせとして、間違っているものを1つ選べ

ja → en
Value
A
パン類の中で、最も高いものがあんぱん、最も低いものがライ麦パン
B
糖類の中で、最も高いものがメープルシロップ、最も低いものが上白糖
C
麺類の中で、最も高いものがうどん、最も低いものが春雨
D
米類の中で、最も高いものがもち米、最も低いものが五穀米
問題5
ストレッチに関する説明で、間違ってるものを1つ選べ
A
一般的には,柔軟性の向上はストレッチ,筋肉の向上は筋肉トレーニング,心肺持久力の向上には有酸素トレーニングが効果的
B
基礎代謝の向上には、ストレッチによる血流促進の効果だけでも期待できる。ハードなトレーニングは必須ではない
C
ストレッチは伸ばすと言う意味
D
ストレッチは、柔軟性の向上は期待できるが、筋力の向上は期待できない

新着記事

-ダイエット検定1級 テキスト

Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 AllRights Reserved.