ダイエット検定1級 テキスト

ダイエット検定1級 過去問 5問 3

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット検定1級 過去問 5問 3

スタート
お疲れ様でした!ダイエット検定1級 過去問 5問 3のクイズ終了しました。解答スコアは %%SCORE%% / %%TOTAL%% 問正解です。%%RATING%%
あなたの選択した答えは強調表示されています。

ダイエット検定1級 過去問 5問 3

問題1
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の診断基準で間違っているものを1つ選べ
A
低体温症
B
高血圧
C
耐糖能異常
D
インスリン抵抗性
問題2
歩行に関する説明で, 正しいものを1つ選べ
A
歩行をは下半身のみを使い、ひざ関節・足関節・股関節を同時に扱う運動である
B
歩行は[運動]とは呼べない
C
歩行は姿勢に気をつけて、しっかり行えば全身の約80%以上の筋肉を使う
D
歩行は多少の代謝upには役立つが、運動量が少ないため、激しい運動に比べ、ダイエットにはほとんど効果がない
問題3
ダイエットを促進させる栄養素を含む食品や食材について、間違っている組み合わせを1つ選ぶ
A
糖質代謝を促進するビタミンb1を含む食品として、豚肉やウナギが挙げられる
B
脂質代謝を促進させるビタミンB2を含む食品として、卵、納豆、ほうれん草がある
C
タンパク質の同化作用を促進するビタミンB6を含む食品として、イワシやバナナが挙げられる
D
血糖値を下げる円を多く含む食品として、玄米、全粒粉小麦がある
問題4
アミノ酸に関する説明で、正しいものを1つ選べ
A
必須アミノ酸は1種類でも少ないと、体内ではその1種類にバランスを合わせて他のアミノ酸の吸収を阻害する
B
必須アミノ酸とは、必要不可欠で、人の体内でも合成できるアミノ酸のこと
C
サプリメントで特定された必須アミノ酸、例えば、スレオニンだけを集中して摂取すればダイエット効果が向上する
D
ダイエット中は、穀物や豆類の植物だけからアミノ酸を摂取するのが、最も推奨される方法
問題5
DIT(食事製誘導生体熱産生)に関する説明で、間違っているものを1つ選べ
A
タンパク質は含有カロリーの30%が摂取の際にDITによって消費される
B
DITは生活状況や食事の質や食べ方や温度や栄養素などにより異なる
C
DITを高くすることは、ダイエットには有効な手段
D
料理の温度が冷たい方がDITは高くなる

新着記事

-ダイエット検定1級 テキスト

Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 All Rights Reserved.