第2種衛生管理者 過去問

第2種衛生管理者 過去問 関係法令 5問

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

第2種衛生管理者 過去問 関係法令 5問

スタート
お疲れ様でした!第2種衛生管理者 過去問 関係法令 5問のクイズ終了しました。 解答スコアは %%SCORE%% / %%TOTAL%% 問正解です。 %%RATING%%
あなたの選択した答えは強調表示されています。

第2種衛生管理者 過去問 関係法令 5問

問題1
労働安全衛生規則に基づく次の定期健康診断項目で、厚生労働大臣が定める基準に基づき、医師が必要でないと認めるときも必ず行わなければならない検査はどれか
A
腹囲の検査
B
血中脂質検査
C
肝機能検査
D
心電図検査
E
自覚症状及び他覚症状の有無の検査
問題2
事業場の米成果に対するに関する記述で、法令上間違っているものはどれか
A
常時900人人の労働者を使用し、そのうち深夜業を含む業務に来た。常時500人以上の労働者を充実させる企業庁ではその事業場に専属の産業医を専任する必要がある
B
常時1000人を超え2000人以下の労働者を使用する事業場では、4人以上の衛生管理者を選任する必要がある。
C
2人以上の衛生管理者を選任する場合、そのうち1人についてはその事業場に専属でない労働衛生コンサルタントの中から選任することが可能。
D
医療用の事業場では、第二種衛生管理者を受けた者の中から衛生管理者を選任することが可能。
E
常時300人以上の労働者を使用する各種商品小売業の事業の事業上では包括安全衛生管理者を選任する必要がある。
問題3
衛生委員会に関する記述で、法令上正しいものはどれか
A
衛生委員会及び安全委員会の設置に代えて、安全衛生委員会として設置することはできない
B
事業場で選任している衛生管理者は、すべて衛生委員会の委員とする必要がある。
C
事業場に労働者の過半数で組織する労働組合がある場合、その労働組合との間に労働協約に別段の定めがある場合を除外し、衛生委員会の議長を除く全委員の半数はその労働組合の推薦に基づき指名する必要がある。
D
事業場で衛生管理者として選任しているものの中から事業者が指名した者を、米政府委員会の議長とする必要がある。
E
選任している産業医が、事業場に専属のものでない場合はその産業用衛生管理者の人として指名することは不可能
問題4
雇い入れの際の安全衛生教育に関する技術で、法令上間違っているものはどれか
A
銀行など金融今日の事業場においては、「作業手順に関すること」についての教育を省略することが可能な
B
百貨店など各種商品小売業の事業場において、「作業開始時の点検に関すること」。の教育を省略することが可能。
C
3ヶ月以内の期間を定めて雇用する労働者であっても教育を省略することは不可能
D
教育事故の前でもしくは一部に関して十分な知識及び技能を有していると認められる労働者は、該当事項についての教育を省略することが可能。
E
常時使用する労働者数が10人未満の事業場であっても、教育を省略することは不可能
問題5
事務室の設備の定期的な点検に関する記述で間違っているものはどれか
A
事務室の照明設備については6ヶ月以内ごとに1回、定期的に点検する必要がある。
B
空気調和設備の加湿装置については原則として1ヶ月以内ごとに1回、その汚れ及び閉そくの状況を点検し、必要に応じ清掃などを行う必要がある
C
空気調和設備内に設けられた排水受けについては、原則として6ヶ月以内ごとに1回定期的に、その汚れ及び閉そくの状況を点検し、必要に応じ清掃などを行う必要がある
D
機械による短期のための術については、2ヶ月以内ごとに1回、定期的に異常の有無を点検する必要がある。
E
燃焼器具を使用するときは、発熱量は著しく少ないものを除き、毎日異常の有無を点検する必要がある。

新着記事

-第2種衛生管理者 過去問

Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 All Rights Reserved.