危険物甲種

危険物甲種 危険物の性質および消火の方法 2

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

危険物甲種の第3科目である、性質および消化の方法です。20問と問題数が多いので、しっかり学習しておきましょう。ランダムな配置のため何度でも楽しむことがで来ます

危険物甲種 危険物の性質および消火の方法 2

スタート
お疲れ様でした!危険物甲種 危険物の性質および消火の方法 2のクイズ終了しました。解答スコアは %%SCORE%% / %%TOTAL%% 問正解です。%%RATING%%
あなたの選択した答えは強調表示されています。

危険物甲種 危険物の性質および消火の方法 2

 

問題1
各類の危険物に対する消火方法として、次の中から不適切なものはどれか.
A
第3類の禁水性の危険物火災には、泡による消火方法がよく用いられてい る.
B
第2類の危険物火災の中から、注水ができない物品には、乾燥砂などの窒息 消火もある
C
第4類の危険物火災には、空気遮断による窒息消火の方法が用いられる.
D
第1類の危険物火災には、水で分解温度を下げる方法がよく用いられる.
E
第5類の危険物火災は、大量注水して冷却する方法がいい
問題2
消防法別表による危険物の類別とその性質の次の説明のうち、間違って いるものはどれか、一つ選び答えよ. .
A
第2類危険物は、可燃性固体であり、高温になると発火し、引火しやす い固体である.
B
第3類危険物は、自然発火性物質及び禁水性物質であって、空気に触れる と自然発火するもの及び水と接触して発熱し、発火し、又は可燃性ガスを 発生するものがある.
C
第5類危険物は、自己反応性物質であり、酸素を含有しているので内部 燃焼しやすく、熱分解で自然発火し、爆発的に燃焼するものが多い.
D
第1類危険物は、酸化性固体であり、熱などで分解して酸素を発生しや すく、可燃物を混合させると極めて激しい燃焼を起こす
E
第6類危険物は、酸化性液体であり、熱などで分解し、酸素を発生し、 他の可燃物を激しく燃焼させる
問題3
次の中から、間違っているものはどれか、一つ選び答えよ
A
過酸化ベンゾイルや硝酸メチルは、温度が高くなると不安定になる.
B
塩素酸カリウムや硝化綿は、摩擦や衝撃等を受けると危険である.
C
カリウムやジエチル亜鉛は、空気や水との接触によって危険がある.
D
ニトロベンゼンやアセトアルデヒドは、水や湿気の多いところでは爆発の 危険がある
E
硫黄やマグネシウム粉は、酸化性物質との接触で発火の危険がある.
問題4
動植物油類に関しての説明で、次の中から間違っているものはどれか、一つ選び答えよ.
A
アマニ油、キリ油は乾性油とよばれ、繊維類に浸みたものは自然発火しやすい
B
一般に比重は1より小さく、冷水にも、温水にも溶けない.
C
一般に常温で液体であるが、冬季には固化するものもある
D
ヨウ素価が90以下のものは、酸化されやすく、自然発火を起こしやすい.
E
一般に引火点は200°C以上で引火しにくいが、液温が引火点以上に加熱す ると引火しやすい.
問題5
五硫化りんに関する次の説明のうち、どちらも間違っている組み合わせを選べ

  1. 水と激しく反応し、分解する
  2. 水と作用して特異臭の猛毒のガスを発生する.
  3. アルカリ水酸化物、二硫化炭素にも溶けない.
  4. 湿った空気中でも長時間かかって分解する
A
3と4
B
2と3
C
1と2
D
1と3
E
1と4
問題6
第6類の危険物の性状として、次の中から間違っているものはどれか、一つ選び答えよ
A
皮膚に付着すると腐食する.
B
どれも無機化合物
C
湿った空気に接触すると発煙するものもある.
D
すべて液体である.
E
いずれも容器は密栓する.
問題7
特殊引火物の性質についての説明で、次のうち間違っているものはどれか、一つ選び答えよ.
A
引火点が最も低く危険性が大きいのはジエチルエーテルである.
B
燃焼範囲が最も広範囲なのは、アセトアルデヒド
C
酸化プロピレンは非水溶性である.
D
特殊引火物のすべては危険等級Iの危険物である.
E
発火点が最も低く危険性が大きいのはニ硫イ匕炭素である.
問題8
リチウムの性状として、次のうち間違っているものはどれか、一つ選び答えよ.
A
ハロゲンとは激しく反応する
B
高温で燃焼して酸化物を生成させる
C
常温(20°C)で水と反応して水素を発生する
D
すべての金属の中で一番軽い.
E
水との反応はナトリウムよりも激しい
問題9
過塩素酸の性状として、次のうち間違っているものはどれか、一つ選び答えよ.
A
水と作用して発熱する
B
茶褐色の液体である.
C
可燃性有機物に接触すると自然発火する危険がある
D
空気中で強く発煙する
E
強い酸化力をもつ
問題10
第4類の危険物に関する次の説明の中から、間違っているものはどれか、一つ選び答えよ.
A
引火防止のためには、履き物にも注意する必要がある
B
可燃性蒸気の排出は、屋内であれば、できるだけその中央で低い所に向け る
C
引火点の低いものは、屋内で取り扱う場合は特に換気に注意する
D
容器に収納する場合には、温度の上昇に注意する.
E
可燃性蒸気が滞留するおそれのある場所の電気機器は、防爆構造のもの
問題11
グリセリンの性状として、次の中から間違っているものはどれか、一つ選び答えよ
A
甘味のある無色無臭の液体である
B
蒸気の比重は空気より重い.
C
ガソリン、軽油にはほとんど溶けない.
D
吸湿性を持つ
E
ナトリウムと反応して酸素を発生する.
問題12
過酸化水素の貯蔵•取扱いに関しての説明で、次の中から間違っているものはどれか、一つ選び答えよ.
A
漏えいした場合は、多量の水で洗い流す.
B
有機物との混合は、爆発の危険性があるので避けなければならない.
C
濃度の高いものは、空気と反応しやすいので容器は密栓しておく.
D
濃度の高いものは皮膚を腐食させる
E
日当りのよい場所を避け、冷所に貯蔵する.
問題13
火災予防のため水その他の液体で保護し、貯蔵される危険物は、次のうち物品のうち、いくつあるか。 【カリウム、二硫化炭素、赤りん、硫化りん、黄りん、アセトン、軽油、酢酸、 過酸化ナトリウム、炭化カルシウム、ナトリウム】
A
1個
B
2個
C
4個
D
5個
E
3個
問題14
第5類の危険物の危険性と火災予防の方法で、間違っているものはどれか、一つ選び答えよ.
A
硝酸メチルは引火性で爆発しやすいので貯蔵、取扱いをする場合は通風を 良くする.
B
アジ化ナトリウムはそれ自体が爆発性を持つので、打撃によって爆発する危 険性がある
C
メチルエチルケトンパーオキサイドは容器を密栓すると内圧が上昇し分解を促進させるので、蓋を通気性にする
D
ニトロセルロースを貯蔵する場合は、アルコール又は水で湿潤の状態とし、 安定な状態で冷所で貯蔵する.
E
過酸化ベンゾイルは濃硝酸などと接触させると、分解されて爆発の危険性がある
問題15
アジ化ナトリウムの貯蔵•取扱いに関して、次のうち正しいものはど れか
A
直射日光を避け、換気はしない
B
鉄筋コンクリート製の床を地盤面よりも高くする
C
屋根から直射日光が入るように天窓をつける
D
危険物用に強化液の大型消火器を設置する.
E
酸性の薬品と共用の鋼製大型保管庫に貯蔵する
問題16
硝酸の流出事故に対する措置として間違っているものはどれか、一つ選び答えよ
A
乾燥砂で覆ってから、吸い取る.
B
直接大量の水で希釈して流す.
C
強化液消火剤で中和する
D
ぼろ布に吸い込ませる.
E
ソーダ灰で中和して水で流す.
問題17
黄りんの性状として、次の中から間違っているものはどれか、一つ選び答えよ
A
空気中に放置すると白煙を上げて激しく燃焼する
B
毒性はない
C
燃焼すると猛毒な五酸化ニりん(無水りん酸)となる
D
暗所では青白色の光を発し、空気中で徐々に酸化する
E
白色もしくは淡黄色のろう状の固体
問題18
炭化カルシウムの性状として、次の中から間違っているものはどれか、一つ選び答えよ.
A
純粋なものは白色であるが、一般には灰白色の結晶である.
B
吸湿性がある.
C
可燃性物質で水との反応性は低い
D
融点は、1、000°C以上である.
E
高温で窒素ガスと反応させると石灰窒素を生成する.
問題19
アルキルアルミニウムの性状として、次のうち間違っているものはどれか、一つ選び答えよ.
A
アルキル基の炭素数の増加に従って、危険性を増す
B
アルキル基がアルミニウム原子に1以上結合した物質をいい、ハロゲン元 素が結合しているものもある.
C
ベンゼン、ヘキサン等の溶剤で希釈すると、純度の高いものより反応性は 低減する.
D
水と接触すると激しく反応する
E
常温において液体と固体のものがある.
問題20
第3類の危険物の中から、還元性が強く、金属酸化物から金属を分離す る作用があるものはどれか.
A
水素化カルシウム
B
りん化カルシウム
C
ナトリウム
D
アルキルリチウム
E
炭化カルシウム

 

新着記事

-危険物甲種

Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 AllRights Reserved.