簿記3級 仕訳問題 解説

未収金勘定の仕訳 3問 解説

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

未収金勘定の仕分けまとめ


問1 ・以前取得した、取得原価1,000円の土地を、 1,500円で売却し
代金は今月末に受け取ることとした。

正しい仕訳方はどれか、 1つ選び答えよ

借方 未収金1,000 貸方 土地1,000

借方 未収金1,500 貸方 土地1,000
固定資産売却益500

借方 土地1500 貸方 未収金1,000
固定資産売却益500

答え:(借方 未収金1,500 貸方 土地1,000
固定資産売却益500)

解説:未収金の問題です
未払金とは対照的に、こちらは売掛金勘定の代わりに使用する勘定です
こちらも商品以外を掛けで販売した場合に使用します.

仕組みは簡単な勘定ですが、こちらもやはり商品と商品じゃないものの見極めが重要になります。

 


 

問2 ・ガイム商店に商品1,000円を売り上げ、代金は月末払いとした

正しい仕訳方はどれか、選び答えよ

  1. 借方 未収金1,000 貸方 売上1,000
  2. 借方  売上1,000 貸方 未収金1,000
  3. 借方 売掛金1,000 貸方 売上1,000

答え:(借方 売掛金1,000 貸方 売上1,000)

解説:引っかけ問題です。

この問題は、商品を売り上げているため売掛金勘定を利用します。

商品と、商品ではない物の見極めができるようになれば
未収金・未払金勘定で間違える事は、ほとんどなくなります


問3 ・先月に1,000円で売却した土地の代金を、現金で受け取った。

正しい仕訳方はどれか、選び答えよ

  1. 借方 現金1,000 貸方 未収金1,000
  2. 借方 現金1,000 貸方 土地1,000

答え:(借方 現金1,000 貸方 未収金1,000)
解説:こちらは商品の売却ではないため未収金勘定を利用します。

資産だった未収金勘定が、支払により減少したのでその分を振り返る仕分けをします。

新着記事

-簿記3級 仕訳問題 解説

Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 All Rights Reserved.