危険物乙4 科目別

危険物乙4 過去問 物理学・科学 1(解説付き)

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

危険物乙4 過去問 物理学・科学 1(解説付き)

スタート
お疲れ様でした!危険物乙4 過去問 物理学・科学 1(解説付き)のクイズ終了しました。 解答スコアは %%SCORE%% / %%TOTAL%% 問正解です。 %%RATING%%
あなたの選択した答えは強調表示されています。

危険物乙4 過去問 物理学・科学 1(解説付き)

問題1
物質の状態変化の説明のうち、誤っているものはどれか
A
固体が液体に変化することを融解と呼ぶ
B
気体が液体に変化することを凝縮と呼ぶ
C
気体が固体に変化することを凝固と呼ぶ
D
固体が気体に変化することを昇華と呼ぶ
E
液体が固体に変化することを凝固と呼ぶ

気体が固体に変わることを昇華と呼ぶ

固体と気体の間では、どちらに変化しても凝固

よって答えはC

問題2
静電気に関する説明で、次の選択肢のうち正しいものを選べ
A
静電気の発生・蓄積を防止するためには、湿度を下げた方がよい
B
静電気は固体ばかりではなく、液体の流れによって起こる場合もある
C
静電気による火災では、水系の消火器を使用してはならない
D
可燃性蒸気は、物質に蓄積された静電気の電気分解作用に引火す る。
E
摩擦で発生した静電気が、その物質を発熱させて蒸気を発生しやすくする。

(A) x 乾燥すると静電気が発生 ・帯電しやすい為、湿度を上げる必要が
あります。
(B) 0 液体の流れでも液体が接触し、離れるため静電気が発
生します。
(C) x 静電気は火災の発生原因にすぎないため、 消火方法は燃焼物の性状
により選択する必要があります 。

(D) x電気分解作用ではなく、 放電する際の火花によって発火します。

(E) × 摩擦で発生した静電気が、必ずしも物質をあたため、蒸気を発生 し
やすくするわけではない 。

問題3
次の化合物及び混合物に関する説明のうち誤っているものを選べ。
A
重油は炭化水素の混合物だ 。 。
B
メタノールはヒドロキシル基を有する化合物だ
C
食塩水は水と食塩の混合物だ 。
D
水は酸素と水素の化合物だ
E
ガソリンは炭化水素の化合物だ 。

(A) 0 重油は 多数の液状炭化水素が 混じり合っている物質です 。したが
って、混合物です。
(B) 0 ヒド口キシル基を有する物質が、アルコール類です 。よって、
化合物です 。
(C) 0 食塩水とは、食塩が水に溶けている状態のを指します。したがって、混合物
です。
(D) 0 酸素と水素が反応して水ができます 。したがって、化合物になります。
(E) x ガソリンも重油と同じく、多数の液状炭化水素が混じり合っている
物質です 。したがって、混合物になります。

問題4
次の説明のうち、還元反応に該当するものを選べ。
A
鉄が赤くさびて、ぼろぼろに変化した 。
B
一酸化炭素が燃焼し、二酸化炭素になった 。
C
赤い銅を熱し、酸化銅になった 。
D
酸化銅を水素が入った容器内に入れたところ、鋼になった
E
濃硫酸を水で薄めると希硫酸になった

(A) x 熱も光も出ないが、ゆるやかな酸化反応です 。

(B) x 一酸化炭素が酸素と結合して、 二酸化炭素となったため酸
化反応です 。
(C) x 銅が酸素と化合したので、酸化反応です。
(D) 0 酸化銅から酸素が奪われたから還元反応である 。

(E) x 希釈である 。

問題5
燃焼のしやすさとと直接関係があるものとして、次の選択肢のうち誤っているものを選べ
A
体膨張率が大きい
B
酸化されやすい
C
熱伝導率が小さい
D
燃焼範囲が広い
E
空気との接触面積が大きい

(A) x 体膨張率は、温度上昇によって生じる物質の体積変化。
燃焼のしやすさとは関係ない。
(B) 0 燃焼は酸化反応の一種であるから、 酸化されやすいものは燃えやすい 。
(C) 0 熱を伝えにくいものは、加えられた 熱がI箇
所に たまって燃えやすい 。
(D) 0 可燃性ガスは、その濃度が濃すぎても薄すぎても燃焼しないから、
その範囲が広いものは燃えやすい。
(E) 0 空気との接触面積が大きく なると、 酸素の供給が多く なって燃えや
すくなる。

新着記事

-危険物乙4 科目別

Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 All Rights Reserved.