危険物乙4 科目別

危険物乙4  法令  模擬試験 その1

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

15問です。間違っていたところがあるため、修正いたしました。

危険物乙4  法令  模擬試験

スタート
お疲れ様でした!危険物乙4  法令  模擬試験のクイズ終了しました。 解答スコアは %%SCORE%% / %%TOTAL%% 問正解です。 %%RATING%%
あなたの選択した答えは強調表示されています。
問題一覧と答えがあります。勉強などにお使いください

 

危険物乙4  法令  模擬試験

 

 

 

問題1
消防法別表第1に掲げる危険物の説明に関する説明で、次の選択肢のうち正しいものを選べ。
A
引火または着火しやすい固体、液体または気体。
B
特に危険な危険物は、特類に分類される
C
危険物は、第一類から第六類までに分類される
D
類が増す毎に危険性が高くなる。
E
甲種、乙種、丙種に危険物が分類される
問題2
法令上、製造所等に関する説明として、次の選択肢のうち間違っているものを選べ。
A
移送取扱所・・・配管及びポンプ並びにこれらに付属する設備によって危険物の移送の取扱いを行う取扱所
B
屋外貯蔵所・・・屋外の場所において、特殊引火物と第一石油類の危険 物を貯蔵し、または取り扱う貯蔵所
C
屋内タンク貯蔵所・・・屋内にあるタンクにおいて危険物を貯蔵し、ま たは取り扱う貯蔵所
D
移動タンク貯蔵所・・・車両に固定されたタンクにおいて危険物を貯蔵 し、または取り扱う貯蔵所
E
給油取扱所・・・固定した給油設備によって自動車等の燃料タンクに直 接給油するため危険物を取り扱う取扱所
問題3
法令上、危険物保安講習に関する説明で、次の選択肢のうち間違っている ものを選べ。
A
危険物取扱者免状を取得してから4年老経過しているが、この間、危 険物の取扱いに従事していなければ、講習を受ける義務はない
B
受講義務のある危険物取扱者が講習を受講しなかった場合は、免状返 納命令を受けることがある。
C
講習は、当該免状の交付を受けた都道府県、居住地または勤務地のあ る都道府県で受講しする必要がある。
D
製造所等において、危険物の取扱作業に従事している場合、前回講習 を受けた日以後における最初の4月1日から、3年以内に講習を受けな ければならない。
E
製造所等で現に危険物の取扱作業に従事している危険物取扱者は、受 講が義務付けられる
問題4
法令上、指定数量の倍数lこ関係なくどれも危険物保安監督者の選任を必要とする施設に関する説明で、次の選択肢のうち間違っているものを選べ。
A
移動タンク貯蔵所
B
給油取扱所
C
屋外タンク貯蔵所
D
移送取扱所
E
製造所
問題5
法令上、予防規程に関する説明での説明として、次の選択肢のうち間違っているものを選べ。
A
政令で定める製造所等の所有者等は、施設の火災予防のため、予防規程を定め、市町村長等の認可を受けする必要がある。
B
市町村長等は、火災予防のため必要がある場合は、予防規程の変更を命ずることができる。
C
予防規程は、内容に不備がある場合は認可されない。
D
予防規程を変更した場合は、市町村長等の認可を受けなければならない
E
移動タンク貯蔵所以外の製造所等は、どれも予防規程を定めする必要がある。
問題6
法令上、製造所等の定期点検に関する説明で、次の選択肢のうち間違っているものを選べ。ただし、規則で定める漏れの点検を除く。
A
定期点検は、原則としてl年に1回以上する必要がある。
B
定期点検の記録は、原則として3年間保存する必要がある。
C
危険物取扱者または危険物施設保安員以外の者が定期点検を行う場合 は、危険物取扱者の立会いを受けする必要がある。
D
地下タンク貯蔵所は、貯蔵する危険物の種類、数量に関係なく、定期点検を実施しする必要がある。
E
定期点検は、製造所等の位置、構造及び設備が予防規程の基準に適合 しているかどうかを見る 。
問題7
法令上、学校や病院等の保安対象物との聞に保安距離を保たする必要があるものの組合せとして正しいものは、次の選択肢のうちどれか。
A
第二種販売取扱所、一般取扱所、屋外タンク貯蔵所
B
地下タンク貯蔵所、移送取扱所、第一種販売取扱所
C
屋外タンク貯蔵所、屋外貯蔵所、屋内貯蔵所
D
屋内貯蔵所、移動タンク貯蔵所、製造所
E
製造所、地下タンク貯蔵所、一般取扱所
問題8
法令上、製造所の位置、構造及び設備の技術上の基準について、次の選択肢のうち間違っているものを選べ。
A
危険物を取り扱う建築物は、地階を有しないものこと。
B
危険物を加熱し、または乾燥する設備は、直火を用いない構造とする。
C
危険物を取り扱う機械器具その他の設備は、危険物の漏れ、あふれま たは飛散を防止することができる構造とする。
D
引火点が100℃以上の第四類の危険物のみを取り扱う製造所は、基準 を超える厳しい特例が適用される
E
危険物を取り扱うために必要な採光、照明及び換気の設備を設ける。
問題9
法令上、危険物を取り扱う配管の位置、構造及び設備に ついて、次の選択肢のうち間違っているものを選べ
A
配菅を地上に設置する場合には、地震等の衝撃に耐えるため、鋼鉄製または鋳鉄製のものである必要がある。
B
配管は、火災等による熱によって容易に変形するおそれのないもので あること。
C
配菅を地下に設置する場合には、配管の接合部分に関する説明で、その接合 部分からの危険物の漏えいを点検することができる措置を講ずること。
D
配管を地下に設置する場合には、その上部の地盤面にかかる重量がか からないように保護する必要がある。
E
配管は十分な強度を有するものとし、かつ、その配管にかかる最大常 用圧力の1.5倍以上の圧力で、水圧試験を行った場合、漏えいその他の異 常がないものでする必要がある。
問題10
法令上、屋内貯蔵所の位置、構造及び設備の技術上の基準に関する説明で、次の選択肢のうち間違っているものを選べ。
A
床面積は1,000m2以下とする。
B
地盤面から軒までの高さが6m未満の平屋建とし、床は地盤面以上に 設ける。
C
指定数量の10倍以上の危険物の貯蔵倉庫でも、避雷設備を設けること は任意。
D
液状の危険物の貯蔵倉庫の床は、危険物が浸透しない構造とするとと もに、適当な傾斜をつけ、かつ、貯留設備を設ける。
E
貯蔵倉庫の窓または出入口にガラスを用いる場合は、網入ガラスとす る。
問題11
製造所等が危険物の貯蔵・取扱いの技術上の基準に違反している場合、法令上、市町村長等が発令できる命令は次の選択肢のうちどれか。
A
危険物の貯蔵・取扱い基準遵守命令
B
危険物施設の基準維持命令
C
危険物施設の応急措置命令
D
製造所等の緊急使用停止命令
E
製造所等の使用停止命令
問題12
消防法別表第1に掲げる危険物の説明に関する説明で、次の選択肢のうち正しいものを選べ。
A
引火または着火しやすい固体、液体または気体。
B
特に危険な危険物は、特類に分類される
C
危険物は、第一類から第六類までに分類される
D
類が増す毎に危険性が高くなる。
E
甲種、乙種、丙種に危険物が分類される
問題13
法令上、取扱所に関する説明として、次のうち誤っているものはどれか。
A
第二種販売取扱所は、店舗において容器入りのままで販売し、指定数量の15倍を超え無制限に危険物を取り扱うことが可能な施設
B
一般取扱所は、給油取扱所•移送取扱所•販売取扱所以外で、危険物を取り扱う施設
C
第一種販売取扱所は、店舗において容器入りのままで販売し、指定数量の15倍以下の危険物を取り扱う施設
D
移送取扱所は、配管やポンプなどの設備で、危険物の移送の取扱いをする施設 
E
給油取扱所は、固定した給油設備により、動車等の燃料タンクに直接給油する危険物を取り扱う施設
問題14
法令上、消火設備の区分に関する説明として、誤っているものはどれか。
A
屋内消火栓設備は、第二種消火設備 
B
スプリンクラ一設備は、第二種消火設備
C
消火設備は、第一種から第五種までに区分される。
D
屋外消火栓設備は、第一種消火設備
E
小型消火器は、第五種消火設備
問題15
製造所等を設置しようとしたとき、法令上、危険物施設の所有者等が使用を開始可能時期として、次のうち正し いものはどれか
A
設置許可を受けた時点
B
工事が完了した時点
C
完成検査済証の交付を受けた時点
D
工事を開始した時点
E
完成検査の申請書を提出した時点

新着記事

-危険物乙4 科目別

Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 All Rights Reserved.