仮免模擬テスト 50問 解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

問1:シートベルトを正しくつけると、運転姿勢が正されるため
疲労が少なくなる。

答え: 0

解説:シートベルトを装着すると、姿勢が正しくなり、結果運転の疲労が少なくなります。

 

問2: AT車(オートマチック車)を坂道で駐車する場合、
チェンジレバーを「 R 」に入れる。

答え: ×

解説:オートマチック車を駐車させるときはRではなく「 P」に入れる。

 

問3:この標識は、T型の交差点があることを示す。
答え: 0

解説:T型道路交差点の標識です。
問4:安全な車間距離とは明確に定まっているわけではなく、
タイヤの状態や天候の状態などにより変わってくる。

答え: ×

解説:車間距離は一定と言う訳ではなく、様々な要因により適切に調整します。

 

問5:道路の幅が片側6メートル以上あったため、
追い越しをするために中央線をはみ出して通行した。

答え: ×

解説:片側6メートル以上の道路の場合、追い越しを行う場合は
道路の右側部分にはみ出してはいけません。

 

問6:運転をお願いしなければ、運転することがわかっている人に
酒を進めても問題は無い。

答え: ×

解説:運転をお願いしなくても、運転をすることがわかっている場合
酒を勧める事は禁止されています。

 

問7:信号機のない横断歩道に近づいたところ、
横断する人がいないことが明白だったため、速度を落とさずそのまま
横断歩道を通過した。

与え: 0

解説:信号のない横断歩道では、横断する人が確認できなかった場合
速度を落とさずそのまま通行することができます。

 

問8:右折や左折を行う場合は、徐行する義務がある。

答え: 0

解説:右折や左折を行う場合は、徐行する義務があります。

 

問9:大型自動二輪車や普通自動二輪車は、
バス専用通行帯を通行することを許可されている。

答え: ×

解説:工事などでやむを得ない場合を除き、通行することは禁止されています。

 

問10:危険を避けるためやむを得ない場合は、警音器を鳴らすことができる。

答え: 0

解説:安全のため仕方ない場合は、鳴らしても特に問題はありません。
その他、警笛鳴らせ、という標識がある場所でもならします仮免模擬テスト第1回その2

 

問1:この標識のあるところで、右折して進んだ。

答え: ×

解説:この標識は「車両横断禁止」の標識です。
右折は禁止されています。

 

問2:信号機が青色に変わったときは、前方の状態に関係なく
進むことができる。

答え: ×

解説:たとえ青色に変わったとしても、前方の交通が混雑しているときは
進んではいきません。

 

問3:カーブの手前で速度を落とす理由は、スピードが速いまま
カーブを曲がると、横転や横滑りなどの危険があるためである。

答え: 0

解説:曲がり角やカーブでは遠心力が強くかかるため
注意して進みます。

 

問4:この標識のある道路は、危険なため
すべての車両は、通行することを禁止されている

答え: ×

解説:この標識は「危険物積載車両通行止め」の標識です。
危険物を積載する車の通行を禁止する標識です。

 

問5:一方通行の道路から右側の道路外に出る場合、
できるだけ道路の右端によって、徐行する。

答え: 0

解説:一方通行の道路では、道路の右端によって、徐行しま
なぜ一方通行では右端によって良いのかと言うと、対向車が来る危険性がないためです
問6:標識や標示によって速度制限がされていない一般の道路では
、時速60 kmで走行している車でも追い越しが可能である。

答え: ×

解説:追い越しをする際も、法定最高速度を超える事は禁止されています。

 

問7:疲れているときや、病気の時は注意力や判断力が衰える可能性があるため
運転を控える方が良い。

答え:○

解説:その他にも心配事のある時などは、運転を控える方がいいです
問8:バスの停留所から30メートル以内は、追い越しすることが禁止されている。

答え: ×

解説:追い越しについてはおくに禁止されていません。

 

問9:チャイルドシートは、そのチャイルドシートを装着する幼児の体格に合った
座席に確実に固定できるものを使用しなければならない。

答え: 0

解説: 。幼児の体格に合ったものを使用しなければ、効果が得られないため
幼児の体格にあったもの勝するようにします

 

問10:この標識のある道路では、時速40 kmを超える速度で走行してはならない。

答え: 0

解説:この標識のある所では、時速40 kmを超える速度で走行してはいけません
問1:この標識は、一時停止の標識である。

答え: 0

解説:この標識は「一時停止」の標識です。

 

問2:交通量が少ないときは、周りに迷惑をかけることがないので
自分の好きなように運転をしても良い。

答え: ×

解説:当たり前ですが、いくら交通量が少なくても自分の好きなように運転しては絶対に
いけません。

問3:横断や転回が禁止されている一般の道路では、
後退(バック)も行うことが禁止されている。

答え: ×

解説:一般道路の場合、横断や転回が禁止されていた場合でも、後退は
行うことが可能です。

問4:この標識は積み荷の重さが、5トンを超える車が
通行できないことを表している。

答え: ×

解説:積み荷の重さのみではなく、車の重さ、人の重さ、も合計して
5トンを超える車が通行できません。

問5:運転免許証を紛失した場合でも、再交付されるよう手続きを行っていれば
交付されていない場合でも、運転を行うことが可能である。

答え: ×

解説:免許証の不携帯運転は違反になります。
これはたとえ交付申請を行っていても例外ではありません。

問6:警察官の指示と標識や標示が異なっていた場合、標識や標示に従う

答え: ×

解説:警察官の指示と標識や標示の指示が異なっていた場合、警察官の指示に従います。
警察官の指示とは、手信号などです

問7:停留所に止まっていた路線バスが、方向指示器などで
発進の合図をした場合、徐行などをして、そのバスを先に発進させなければならない。

答え: 0

解説:路線バスなどが発進の合図をした場合、そのバスを先に発進させる必要があります。

問8:この標識は左折禁止を表す。 1の41

答え: ×

解説:この標識は左折しかできないことを表しています。
直進や右折を行うことが禁止されています。

問9:前の車と同様に、右折を行う場合は、すでに前の車が
右折の合図をしているため、右折の合図を出す義務は無い。

答え: ×

解説:合図は必ず行う必要があります。これは、前の車と
同じ行為をしようとしている場合でも例外ではありません。

問10:一方通行の道路では、右側にはみ出して通行することも許可されている。

答え: 0

解説:一方通行の道路では、右側にはみ出して運転することも許可されています。

なぜ許可されているのかというと、一方通行の道と言う特性上、
対向車と遭遇する危険がルール上ないためです

 
問1:右折や左折を行おうとする時の合図の時期は、右折や左折をしようとする
約3秒前に行う。

答え: ×

解説:右折や左折を行う前の、約30メートル前で行います。
3秒前ではありません。

問2:この標識がある交差点で原動機付自転車か
右折を行う場合。 2段階右折をしなければならない。

答え: 0

解説:この標識のある所は原付は2段階右折を行う必要があります。

問3:自動車を発進させるときは、後方から二輪車が接近していた場合でも
警音器を鳴らして注意をすれば、発進して良い

答え: ×

解説:たとえ相手が二輪車でも、発進するときは、後方から接近してくる車を優先させます。
たとえ警音器で注意を与えたとしても、例外ではありません。

問4:急な下り坂では、スピードが出て危険であるため
他の車を追い越することは禁止されている。

答え: 0

解説:角度の急な下り坂では、追い越しをしてはいけません。

問5:交差点や交差点付近以外で緊急自動車が近づいてきた場合は、
道路の左側により、一時停止をして緊急自動車に進路を譲る必要がある。

答え: ×

解説:道路の左側により、緊急自動車に進路を譲る義務はありますが
一時停止の義務はなく、徐行ても可能です。

問6:この標識は、追い越し禁止を表している1-49

答え: ×

解説:この標識は、追い越し禁止ではなく、追い越しのための右側部分はみ出し通行禁止
の標識です。右側部分にはみ出さなければ追い越しをすることも可能です

問7:車を運転するときは、免許証さえ携帯していれば、
ハイヒールや、げた、を履いて運転しても良い

答え: ×

解説:ゲタやハイヒールを履いて運転することは禁止されています
理由は、運転に支障が出る可能性があるためです
問8:自己中心的な運転をすることは、他人だけではなく、自分も危険にさらす可能性が

答え: 0

解説:ある意味、ボーナス問題に近いのではないかと思います。
自己中心的な運転、例えばむやみやたらに車の追い越しを行えば、
事故にあう危険性は飛躍的に上昇します。

問9:道路が渋滞しており、そのまま進行すると
交差点内で停止する恐れがある場合は、たとえ青信号でも進まずに
交差点の手前で停止しなければならない。

答え: 0

解説:設問のような状況では、違う青信号でも停止する必要があります。
要は信号を渡り聞けない可能性があるときは、青信号でも停止する必要があるということです

問10:ガソリンスタンドからでるとき、誘導員の支持があったため
歩道を横切った

答え:×

解説:誘導員の支持があっても、交通ルールは守る必要があります

問1:この標示は安全地帯を表す標示である。

答え: 0

解説:安全地帯の標示です。

問2:見通しの良い道路の曲がり角付近では、徐行する必要は無い。

答え: ×

解説:たとえ見通しがよい場合でも、道路の曲がり角では、徐行する義務があります。

問3:トンネルでは追い越が禁止されている

答え: ×

解説:車両通行帯のないトンネルに限って追い越しを禁止されています。
車両通行帯がある場合は追い越することも可能です。

問4:上り坂の頂上付近での追い越しは、禁止されている。

答え: 0

解説:上り坂の頂上付近での追い越しは、反対方向の車などと
衝突する恐れがあるため、禁止されています。

問5:左折を行う時の合図を行うタイミングは、左折しようとする約30メートル前で行う

答え: 0

解説:左折や右折を行う際の合図は、左折や右折を行う約30メートル手前で行います。
なお、進路変更は、進路変更行う約3秒前に合図を行います。

問6:この標識のある所では、自動車や原付は侵入できないが
自転車は侵入可能である。 2-15

答え: ×

解説:この標識は車両記入禁止を表す標識です。

自転車を含む車両は侵入することができません。

問7:自動車のドアを閉めるときは、ドアが閉まる少し手前でいちど止め、
力を入れて閉めるようにした方が良い。

答え: 0

解説:少し手前でいちど止め、半ドアにならないように力を入れてしっかりとしめます。

問8:標識で追い越しが禁止されている場合でも、前方の車が遅い場合は例外として
追い越しが許されている。

答え: ×

解説:追い越し禁止場所では、前方の車の速度が遅い場合でも追い越しをすることは
禁止されています

問9:長距離運転は疲れるため、体を斜めにしたりして、できるだけ疲れがたまらないようにする

答え: ×

解説:正しい運転姿勢じゃないと、安全運転に支障をきたすので
正しい運転姿勢で運転します。
問 10:オートマチック車を駐車するときは、坂道でのみチェンジレバーを「 P 」

に入れる
答え: ×

解説:オートマチック車を駐車するときは、 いかなる場所でもチェンジレバーを

「 P 」に入れて駐車します

 

 

新着記事

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 AllRights Reserved.