簿記3級 仕訳問題 解説

簿記3級  仕入取引 問題3問 解説

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加


問題1 アルファ商店から商品1,000円を仕入れた。なお代金は現金で支払った

正しい借方科目はどれか1つ選び答えよ


 

    1. 仕入 1,000
    2. 買掛金 1,000
    3. 現金 1,000

答え:仕入

解説:商品の売買では仕分けの方法として、仕入勘定を用いる3分法

商品勘定を使う分記法。の2種類がありますが
問題文にて指示がない場合3分法を使います

指示がない場合に分記法にて仕分けを行ってしまった場合
間違いになることがありますので注意しましょう


 

問題2 ベータ商店から商品1,000円分を掛けで仕入れた。
なお、その際に発生した送料100円は現金で支払った

正しい借方はどれか1つ選び答えよ


 

1,仕入 1,000
現金 100

2, 仕入 1,100

3, 仕入1,000
買掛金100

答え:仕入1,100

解説:商品を仕入れた際、 引き取り運賃などが発生した場合
問題文にて、特に指示などが出ていない場合は仕入勘定にそれらも含めます
これを仕入諸掛といいます。

今回の問題の場合、100円の送料が発生していますのでそれを合算して仕分けします

 


問題3 ガンマ商店から商品1,000円を掛けで仕入れた
なおその際に発生した送料100円は現金で支払った

正しい貸方はどれか1つ選び答えよ

1,買掛金1000
現金100

2,買掛金1,000
送料100

3,買掛金1,100

答え:買掛金1,000 現金100

解説:仕組み自体は簡単ですが、送料と言う単語が入ることにより
少しややこしく感じるかもしれません

簿記の試験では基本的に3分法を使用するので
送料と言う勘定科目は基本的に使用しません

ですので今回の問題の場合、買掛金1,000 現金100 になります
凡ミスにて点数を落とさないよう、仕分け問題をいくつも解いていきましょう

新着記事

-簿記3級 仕訳問題 解説

Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 AllRights Reserved.