簿記3級 仕訳問題 解説

当座預金 仕訳問題全3問 解説

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

当座預金の仕訳3問 の解説と解答です


・Q1 商品1,000円を売り上げ、代金は得意先振出の小切手で受け取った

正しい借方科目はどれか。1つ選び答えよ。

  1. 当座預金1,000
  2. 現金1,000
  3. 売上1,000

答え:現金

 

解説:簿記では紙幣などの他に、郵便為替証書や小切手などの、
特定の手続きをとればすぐに換金可能なものは現金勘定を用います

ただし問題文に、直ちに当座預金口座に預ける
などといった言葉が書かれていた場合、当座預金として使用します


・Q2商品1,000円を売り上げ、その代金は得意先振出の小切手で受け取った

正しい貸方科目はどれか。 1つ選び答えよ

  1. 当座預金1,000
  2. 現金1,000
  3. 売上1,000

答え:売上

解説:こちらは特に解説の必要はないのではないかと思います

商品を1,000円売り上げたので
貸方は売り上げになります


・Q3 商品1,000円を売り上げ、その代金は、 当店が振出た小切手で受け取った

正しい貸方科目はどれか。 1つ選び答えよ

  1. 当座預金1,000円
  2. 現金1,000円
  3. 売上1,000円

答え:当座預金1,000
解説:一見現金と思いがちですが。この問題では当座預金になります

 

  • 他の店舗が振り出した小切手を受け取った場合→現金を増やします
  • 他の店舗が振り出した小切手を受け取って、それを直ちに当座預金口座に       預け入れた場合→当座預金を増やします
  •  、振出小切手を受け取った場合→当座預金を増やします

ちなみにこちらの場合も貸方は売上勘定になります


新着記事

-簿記3級 仕訳問題 解説

Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 All Rights Reserved.