未分類

当座預金の解説

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
当座預金とは


当座預金というのは、
決済用の口座です
通常の口座との違いは、貯金ではなく、代金の支払が目的の口座です
また、通常の口座と違い、利息がつくこともありません。

当座預金からお金を引き出す場合、小切手を利用します
これを小切手を振り出す、と呼びます。

小切手を振り出した段階では、まだ資産の変動は起きません

小切手を受け取った相手が、銀行にて換金した時に、
小切手の金額分だけ当座預金口座から差し引かれます。

仕訳の仕方


仕訳では、小切手を振り出した段階で、当座預金からその分を減少させます
例えば、商品50000円分を、小切手を振り出して支払った場合

 

 (借方)商品50000 (貸方)当座50000


となります

また、小切手は受け取った側は現金に変えられるので、受け取り側は現金勘定にて処理します
例、商品50000円分を売り上げた、代金は小切手で受け取った

この場合、

 現金50000 商品50000

 

と、なります

例外として、自分が降りだした小切手が、再度自分のもとに戻ってくる場合があります。
実務ではほぼ起き得ない現象ですが、試験では引っ掛け問題としてそれなりに出題されます。
この場合は、自分のものなので、現金ではなく、当座預金を増加させます

例、商品50000円を売上た、代金は小切手にて受け取ったが、以前自分が振り出した小切手だった

 当座預金50000 商品50000

それでは、実際に何問か解いてみましょう。


当座預金の仕訳3問

スタート
お疲れ様でした!当座預金の仕訳3問のクイズ終了しました。解答スコアは %%SCORE%% / %%TOTAL%% 問正解です。%%RATING%%
あなたの選択した答えは強調表示されています。

 

 

新着記事

-未分類

Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 AllRights Reserved.