簿記3級 仕訳問題 解説

手形の割引の仕訳 2問 解説

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加


問1 ・アルファ商店振出の約束手形1,000円を銀行で割り引き。
割引料100円が差し引かれた、手取り金900円を当座預金とした

正しい仕訳方はどれか、 1つ選び答えよ

借方 当座預金900 貸方 受取手形900

借方 当座預金900    貸方 受取手形1,000
手形売却損100

借方 当座預金1,000 貸方  受取手形900
手形売却損100

答え:借方 当座預金900    貸方 受取手形1,000
手形売却損100

解説:手形の割引とは,手形を現金化する際にかかる、
手数料のことです。勘定科目は、手形売却損と言う勘定になります
手形売却損は借方に計上します

貸方は受取手形の金額
借方は、手形を換金した額+手形売却損
になります


問2・ベータ商店から受け取っていた為替手形1,000円を
取引銀行で割り引き、割引料100円を差し引いた
手取り金を当座預金とした。

正しい仕訳方はどれか、 1つ選び答えよ

借方 当座預金900 貸方 受取手形900

借方 当座預金900    貸方 受取手形1,000
手形売却損100

借方 当座預金1,000 貸方  受取手形900
手形売却損100

答え:借方 当座預金900    貸方 受取手形1,000
手形売却損100

解説:為替手形になっても仕訳の仕方は変わりません.

これも前回と同じように仕訳をします

新着記事

-簿記3級 仕訳問題 解説

Copyright© いろんな資格の過去問まとめ , 2017 AllRights Reserved.